Home » スタッフブログ, 新着お知らせ » 病理検査室のご案内

病理検査室のご案内高知市の動物病院「はまだ動物病院」(平成26年11月開院)


本日は病理検査室をご案内します!

4畳という限られたスペースですが、病理検査を担当する獣医師にとっては立派なお城です!機材は充分に置けるし全く問題ありません☆

 

早速ご案内します!

1.窓側には、切除したデキモノ等を薄くカットするためのスペースがあります(①)。

2.薄くカットしたデキモノ等は、ブロックという小さな入れ物(②)に入れて、特殊な液に浸けます。

3.その後、タオルウォーマーで液状のパラフィン(ろうそくと同様のもの)に浸けます(③)。

4.ホットプレートの上で、パラフィンの中にデキモノを埋め込みます。(④.⑤

※写真⑤の臓器は、スーパーで購入した鶏の肝臓です。

 

?? 2-2?? 3-2
?? 2-3

5.ブロックは冷凍庫でガンガンに冷やし、固めます。(⑥)

6.ブロックは、ミクロトームという機械を使っておよそ4μmの薄さにスライスします(ここが、なかなか難しいのです。)(⑦)

7.あとはオレンジや青の染色液で染色して標本は出来上がりです!(⑧,⑨)

8.顕微鏡で観察し、パソコンで所見を打ち込んだり、組織写真を撮ったりします。
?? 1-1
?? 4-1?? 1-2

いかがでしたでしょうか?

また、病理検査のご案内記事を書こうと思いますので、どうぞよろしくお願いします^^

 


comment closed

ペット保険取扱い

国際猫医学会認定クリニック

高知市動物病院口コミ

求人情報

Sponsored by

Copyright(c) 2015 高知市の動物病院「はまだ動物病院」(平成26年11月開院) All Rights Reserved.